女性

メラニンの正しい知識

シミというのはメラニン色素が何らかの影響をしているということは知っている人も多いと思います。しかし、実際にメラニンそのものがどんな役割で、どんな働きをしているのかを正しく理解している人は意外に少ないと思います。

メラニンは分泌されて表皮角化細胞に派遣されます。派遣されたメラニンというのは皮膚の奥の真皮で、紫外線を防御する枠割を果たしているのです。だから邪険にされる筋合いはなく、実は身体にいいことをしているやつなのです。

メラニンがブロックしている紫外線というのは有害なもので、紫外線が皮膚の奥まで届いてしまうと細胞を破壊したりしてしまいます。さらにそれがのちに皮膚がんなどの重大な病気になってしまうほどのリスクを伴うのです。

皮膚の一番下にある基底層のメラノサイトがメラニン色素を生み出しているのですが、それは本当に防御本能から分泌されているのです。

 メラニン色素の種類が肌の色を決めている

地球上の人間の中には大きく分けると黒人と白人、それからアジア人のような黄色人種がいますが、これらの肌の色を決定しているのがメラニン色素なのです。

メラニンには2種類の色の違う種類が存在しており、黄色みを帯びたフェオメラニンと黒色のユーメラニンというものがあります。

黒人はユーメラニンの割合が多く、白人はフェオメラニンの割合が多いんです。もうお分かりの通り、黄色人種はユーメラニンとフェオメラニンがいい感じの比率になっています。

これは意外に知られていないことが多いと思いますが、メラニンには肌の色を決める要素があったんですね。

シミができるメカニズムとは

メラニンというのは紫外線をブロックする役割をしますが、役目を終えると代謝のターンオーバー機能により、角質とともに垢となって排出されます。これはメラニンのある古い細胞が新しい細胞に入れ替わるということです。

その古い細胞が入れ替えられずに残ってしまうとメラニン色素が沈着してしまいそれがシミとなって現れることになります。古い細胞が入れ替わらないということは、ターンオーバー機能が低下しているということになります。

さらにターンオーバーが機能していてもメラニンが過剰に分泌されてしまった場合には、これまたメラニン色素が沈着してシミになります。

メラニンが過剰に生成されるのは、紫外線の刺激で活性酸素が発生し、それが角化細胞(ケラチノサイト)を刺激して、大量にメラニンを分泌させるように指令を出します。

加えて、ホルモンバランスを崩すとホルモンがメラニンを分泌させる命令を出すこともあります。

メラニン色素が過剰に分泌してしまうこと、それからターンオーバー機能が低下してメラニンが排出されなくなることが重なると、メラニン色素が沈着してしまって皮膚上にシミを作ってしまうということになります。

シミ取り化粧品のトライアルキットを試そう