内服薬

シミ治療をするために美容皮膚科や美容整形外科などに行く場合がありますが、内科的治療の場合は内服薬で内側から治療をしていきます。

老人性色素班などレーザー治療などが効果的な場合には、内服薬と塗り薬を併用することでシミの治療効果は高まります。

内服薬によくある成分というのを以下に解説していきます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸もシミ治療の内服薬にはよく配合されています。トラネキサム酸はメラニンを作る命令を出す伝達物質を遮断する働きをします。メラニン細胞を抑制することで、メラニン色素を抑えシミの予防をするというわけです。

トラネキサム酸は人工的に構築されたアミノ酸のひとつで、一般的には抗炎症薬や止血薬などに使用されていることで有名です。

L-システイン

L-システインというのも聞いたことがあると思いますが、この成分はメラニン色素を生成する酵素であるチロシナーゼを抑制してくれます。

メラニン色素の色そのものを消す作用もあり、ターンオーバーを促して細胞を活発に入れ替えます。

老化には抗酸化力のあるビタミン群

シミ治療の薬には塗り薬、内服薬両方ともに多く配合されているのがビタミン群です。ビタミンにはシミの原因になっている活性酸素を除去する抗酸化力が強いです。

ビタミンc

シミ取り化粧品や美白美容液などにもよく配合されているのがビタミンCです。皮膚の外から塗っても効果がありますが、内側から摂取することでも作用します。

抗酸化力に優れていて、活性酸素の生成を抑制し、ひいてはメラニン色素を作り出す命令を遮断します。

内服薬では「シナール配合錠」などにビタミンcは多く含まれています。

ビタミンE

シミの治療で大事なのは新しい細胞と古い細胞を入れ替えるターンオーバーという肌の自浄機能なのですが、ビタミンEは新陳代謝を高めてくれるので、ターンオーバーを促進してくれます。メラニン色素が沈着した細胞が新しい細胞と入れ替わることによってシミが薄くなっていくのです。

 

外から改善はシミ取り化粧品